やたらべったりの女子事務員

 あるいは「早大 偏差値」あるいは「東大 センター試験 足切り」みたいなことを検索するのが普通です。1UPさんも普段、どのような語句で検索しているか冷静に振り返ってください。同じような意味ではあるが言い方が違う語句、似た意味であるが違う語句で検索している時の方が多いはずです。

 そのような語句を、あらかじめ手想しながら探して記事として作成しておき、自サイトに書いておけば、その記事を見る前の読者が「芸能人ニュース」で自サイトを見てる人は2回目の自サイトを見ることになります。(本当に見ているか、どうかという問題は置いておき、見たと仮定して)

 このような場合、来訪者が1UPさんのサイトを信頼する確率は飛躍的に上がります。つまり「無料体験」に申し込む可能性が高くなるのです。だから「芸能人ニュース」と検索する人が次にどのような語句で検索するか、推測して記事を作成する必要があるのです。

 そして、これが一番難しいと言えます。と同時に強力なSEOにも成り得ると言えます。と言うのも他社(ライバルサイト)はそのような内容を書く人はめったに(と言うか、気づく人の方が圧倒的に少ない)いません。ただし残念な事に、少し前なら、そのようなデータを公開するサイトがあったのですが、今は公開されていないようです。

 私は公開されていたころの「本の製造販売業者」のデータを知っているから今でも、その語句で一位表示されるのです(一応グーグルに対して有効です、今はヤフーも関係ありませんが)。

 なお、ちょっとだけですが関連ワードが分かりますので、ご希望があれば後日送ります。今USBメモリーを手元においていないもので。なお、これまでの内容は他言無用です。知っている人だけ知っておけばよいという私の考えです。もちろん誰かと話されて内容をご確認されても構いません。 内部構造の基本は終わりです。

サイト内の文章にはすべて著作権があります、無断盗用引用を禁止いたします。
このサイトはhttp://www.takumu.net/hp/のテンプレートを利用して作成しております。

解かれば広がる/お試し−イメージ画像